内部リンクとは【30秒でわかるSEO用語集】

内部リンクとは

内部リンクとは、「外部サイトではなく自サイト内のリンクのこと」です。SEO対策において、内部リンクは非常に重要です。クローラーがサイト内を巡回しやすいように、内部リンクを整えることで、サイトの評価が高まることが期待できます。

内部リンクの重要性

内部リンクは、なぜ重要なのでしょうか?それは、内部リンクを最適化することによって、下記の効果が期待できるからです。

①クローラーが巡回しやすくなる

②クローラーが重要なページを認識しやすくなる

③ユーザーの回遊率が上がる

内部リンクの最適化

アンカーテキストにキーワードを含める

アンカーテキストとは、「リンクされているテキストのこと」です。

例:内部リンクとは

「内部リンクとは」をクリックすれば、「内部リンクの説明ページ」に遷移すると予想できます。

アンカーテキストにリンク先のページを表現するキーワードを含めることで、ユーザビリティが高まり、クローラーがページを理解しやすくなります。そのため、アンカーテキストにキーワードを含めることが推奨されているのです。

時々「詳細はこちら」のようなアンカーテキストを見かけますが、より具体的にキーワードを含めた方がベターです。

パンくずリストを作る

パンくずリストとは、「上位の階層から順番にリスト表示されるリンクのこと」です。本ページでは「HOME/SEO/」となっています。

ユーザビリティが上がるだけでなく、クローラーが巡回しやすいようにパンくずリストを設置することは必須です。

重要なページに内部リンクを集める

重要なページ、つまり検索順位を上げたいページに内部リンクが集まっていないと、意図しないページが上位表示されることがあります。

重要なページには、内部リンクを集めることによって、検索順位の向上が期待できます。