CTR(クリック率)とは【30秒でわかるSEO用語集】

CTR(クリック率)とは

CTRとは、Click Through Rateの略で、クリック率を意味します。オーガニック検索(自然検索)やネット広告の効果指標の一つで、インプレッション数(表示された数)のうちのクリックされた数の割合を表します。

例1:広告が1,000回表示され、100回クリックされた

→100回÷1,000回=10%

→CTR=10%

例2:オーガニック検索で1ページ目に10,000回表示され、100回クリックされた

→100回÷10,000回≒1%

→CTR=1%

検索順位別のCTR

Internet Marketing Ninjasが発表している「2017年の検索順位別クリック率」によると、掲載順位別のCTRは以下の通りです。注目すべきは、検索順位1位と2位のCTRの差です。一つ順位が違うだけでCTRが約10%も変わるのです。

検索順位 CTR
1位 21.12%
2位 10.65%
3位 7.57%
4位 4.66%
5位 3.42%
6位 2.56%
7位 2.69%
8位 1.74%
9位 1.74%
10位 1.64%

ユーザーは何を基準にクリックしているのか?

ユーザーは、検索結果から何を基準にページをクリックしているのでしょうか?

ユーザーが最初に目にするのが「タイトル」です。Blgominの例で言うと「Blogmin|人生すべてコンテンツ」に該当する箇所です。次に重要なのが「ディスクリプション」です。ディスクリプションはそのページの説明文の役割を果たしています。

ユーザーの90%以上は「タイトル」と「ディスクリプション」をもとにクリックするかどうかを決めています。そのため、ユーザーが知りたいであろう情報、それに関連するキーワードを「タイトル」と「ディスクリプション」に含める必要があるのです。