404エラーとは【30秒でわかるSEO用語集】

404エラーとは

404エラーとは、「存在しないページをリクエストした際に、該当ページがないことを知らせてくれるエラーコード」です。

例えば、「blogmin.jp/xyz」をクリックしてみて下さい。blogmin.jp/xyzというページは作成していないので「ページが見つかりません」という404エラーページが表示されると思います。グーグルで存在しないページを開くと上の画像のような404エラーページが表示されます。

404エラーの3つの原因

ページが削除されている

もともと存在していたページが削除されると、404エラーが発生します。(ページが削除されたことにより、リンク先のページが見られないことをリンク切れと呼びます)

URLに間違いがある

キーワードを検索窓から検索するのではなく、アドレスバーにURLを直打ちした際に、URLに間違いがあると404エラーが発生します。

リダイレクトの設定ができていない

ドメインの変更などにより、リンクが変わった場合、旧URLから新規URLに対して「301リダイレクト」の設定を行う必要があります。その設定をしていない場合、404エラーが発生します。

404エラーの影響

404エラーは、検索順位には大きな影響はないと言われています。しかし、404エラーの数が多いとユーザビリティが下がるので注意が必要です。

グーグルが無料で提供しているSearch Console(旧ウェブマスターツール)からクロールエラーを確認することができるので、チェックしてみてください。

【クロールエラーの確認方法】

Search Console:「クロール」→「クロールエラー」