301リダイレクトとは【30秒でわかるSEO用語集】

301リダイレクトとは

301リダイレクトとは、「サイトの引っ越し(ドメインの変更)やページ単位でURLを変更した際に、旧URLをから新規URLへ恒久的に転送(誘導)すること」です。

301リダイレクトを設定していない場合、旧URLへアクセスすると404エラーページが表示されます。それを防ぐためには、301リダイレクトを設定し、新規URLへユーザーを誘導する必要があります。

301リダイレクトの効果

301リダイレクトによって転送することで、転送前のURLの評価を転送先の新規URLにある程度引き継ぐことができます。

旧URLが持っていた被リンクなどの評価を引き継ぐことができるので、ページランクを落とさずにURLの変更が可能となります。(注意:302リダイレクトは、一時的なリダイレクトなので評価を引き継ぐことはできません)

302リダイレクトとの違い

301リダイレクトは「恒久的な転送」の際に用いられるのに対して、302リダイレクトは「一時的な転送」の際に用いられます。

利用シーンとしては、1〜2週間程度URLを変更する場合には、302リダイレクトが推奨されています。それ以上長い期間URLが変更される場合には、301リダイレクトが推奨されています。